Creator-detail ページ メインコンテンツ

Creator植松 伸夫

植松 伸夫
Photo by Shinjiro Yamada

桜とブロントサウルス

今年もまた桜の季節がやってきました。多摩川沿いの桜並木もきれいに色づき始めております。

日本には桃から始まり桜のこの季節にいたるまで花見などをして花を愛でる習慣がありますが、あれはきっとその花の色に秘密があるのではないでしょうか?

桃や桜のあの薄く淡い紅色は我々の日常生活から程遠い非現実を連想させるのではありますまいか?現実の厳しさ、冷たさがどこにも見出せないその柔らかな色は桃源郷という言葉にも使われているように夢心地を連想させますし、薄紅色に覆われながら散歩したりその下で酒を酌み交わすことは古来から日本の人々にとって現実逃避できる最高に幸せなひとときとなっていたのかもしれませんね。

これが真っ赤じゃダメなんだよなぁ。白では色気がなさすぎるし、かといって黄色だとちょっと印象が強すぎる。やはりどこにも属さぬあの淡い中間色がいいですよね。しかもその花びらが風に吹かれてヒラヒラと舞い上がった日にゃ即座に平安時代にタイムスリップな感じです。風流ですね。歌でも詠みますか?

「多摩川のぉ~ 桜の下のぉ~ 青テントぉ~ 暮らす人たちぃ~ 税金払え~」

あれ?そういえば恐竜が大地を闊歩してた時代って植物はまだシダ系だけだったんでしょうかね?花なんてまだ存在してなかったのかな?

ティラノサウルスがノッシノッシと踏みしめるその足元は赤、黄、青の花々で埋め尽くされており、桜の森からにょっきり長い首を突き出すブロ
ントザウルス...なんて想像しただけで我々の恐竜に対するイメージが一変してしまいますよね。
でも、意外とやつらも風流に歌なんぞ詠んでたりして...。

「恐竜はぁ~ 怖い事ないでぇ~
せやけどなぁ~
ティラノサウルス気ぃつけや~ 肉食うでぇ~」

(大幅に字余り) by ブロントサウルス

Creator